出逢う人誰とでも、すぐに仲良くなるのが得意なクラウン。
そんなクラウンの「コミュニケーション術」のヒミツとは?

クラウンならではのコミュニケーション術のノウハウを知り、人づき合いがうまくなりたい方、自分の表現を観客にさらに届けやすくしたい方、ぜひご参加ください

clowns

【レッスン内容】

自分の気持ちを伝えるとき
人前で演技表現をするとき
プレゼンなどの発表するとき

ついつい緊張して、力が入りすぎてしまったとか、カラダがこわばって大きな声が出せなかったーなんて経験はありませんか?
できれば、思っていることをユーモアをまじえながら伝えたいー誰だってそうです!

この講座では、そんな、クラウンならではの特別な「コミュニケーション術」を、講義と体験ワークショップ(ゲームや即興)を通して学びます。

楽しみながらその方法を探り、スキルアップを目指します。
「基本のき」なだけに、初めての方でも気軽に参加できる内容です。

 

対象:
・人付き合いが苦手なことを、克服したい方
・誰とでも仲良くなれるコミュニケーション術を知りたい

・コミュニケーション力をあげて仕事や趣味にいかしたい方

・クラウンの表現を楽しみたい方、やってみたい方
・クラウンや、コメディや笑いの世界に興味がある方
・すでにクラウン経験者で、さらにスキルを高めたい方
※クラウンやコミュニケーションを知りたい、学びたい方ならば、どなたでも大歓迎です。

 

講師:クラウン RONE(ロネ)

<プロフィール>

劇団前進座に生まれ、6歳で初舞台を踏む。劇団四季に学び、NHK土曜ドラマの主役などTV・映画のアイドル女優?を経て道化師になる。日本の古典と築地小劇場の思い出話を子守唄に育ったせいで「歩く演劇史」とも呼ばれる。初舞台は村山知義演出、女優最後の出演映画は勅使河原宏監督作品。和洋折衷、アルカオスとはこの人のためにある言葉。「演じているように見えない演技力」に定評がある。14年間アメリカ人にコメディを教えた日本人。

1990年にクラウン養成学校「クラウン・カレッジ・ジャパン」を卒業後、コンビの相方のロネと共にクラウンの演劇的表現を求めて旧ソ連最後のモスクワに渡る。
現ウクライナ国立サーカス・クラウン大学、およびモスクワ芸術座のオレグ・タバコフに学ぶ。また、ヨーロッパを代表する女性クラウンのノーラ・レイに師事。

ウィスコンシン大学クラウンプログラム常任講師
クラウン劇団OPEN SESAMEと附属クラウンスクールを主宰
クラウンキャンプ木曽 ディレクター

2002年 クラウンズ・インターナショナル 最優秀クラウン賞
2003年 モンテカルロ国際クラウン・フェスティバル 銀賞
2004年 ポートランド・コメディフェスティバル 第一位、など受賞歴多数

http://www.op-sesame.com/profile/profile_RG.html

 

日時:2017年7月29日(土) 18:30~20:30(受付18:15)

 

会場: きゅりあん 研修室

<アクセス>
JR京浜東北線・東急大井町線「大井町」駅徒歩1分
東京都品川区東大井5-18-1
http://www.shinagawa-culture.or.jp/hp/page000000300/hpg000000268.htm

 

 

料金(税込・教材費込):一般 4,320円

 

持ち物:動きやすい服装、運動のできる靴(中履き)、タオル、飲み物、筆記用具

【参加申込み】

件名には、「7月29日クラウン基礎講座申込」とご記入下さい。

<メール>order※op-sesame.com

  • 上記※を@に読み替えてください。
  • 1.お名前、2.お電話番号、3.メールアドレス、4.ご質問・メッセージ、をお送りください。
  • 折返し、ご確認のご連絡をいたします。

<下記フォームで>